首里城から南へちょっと歩いたところにある「雨乞御嶽」
(あまごいうたき)と呼びます。

かつて、7ヶ月以上雨が降らないときは、国王みずから 家臣を率いてこの雨乞御嶽で雨乞いの祈願をしていたのだそう。
沖縄県南部の南城市にある玉城城の方向を向いており、そこに祀られている雨降りの神様へ向かって~
馬の蹄のような形に石垣をめぐらせてあって、中央に香炉があるつくりです。

この近くには小さな展望台があります。
昼間でも那覇市内が一望でき見晴らしがよかったです。
次は夜景を見に行きたい。