国産小麦粉で作った「くるま麩」が欲しかった。



「くるま麩」は小麦粉のグルテンを焼き上げたもので、
グルテンとは 小麦粉に水を加えて練り上げてできる小麦たんぱく質です。
そのグルテンと強力小麦粉を生地に、ちくわのようにアルミ棒に巻き付けて
じっくりと直火できつね色に焼き上げると、
香ばしくパリッとふっくらした「くるま麩」になります。

丸く筒状の麩を横から見ると、車輪のように見えるので「くるま麩」と呼ばれます。

沖縄宝島「沖縄のくるま麩」は国産小麦を原料にしています。 
輸入小麦は焼き上げると“ふっくらとしてボリューム”がありますが
国産小麦の場合は“もっちりとして滑らかな食感”を味わえます。

 質の良い国産原料を使う安心感は、食べ物にとって大切なこと。
 国産を選ぶことで日本の生産者と農業を守り、
輸入農産物で心配される残留農薬などから私たちの健康を守ることになります。

「くるま麩」は小麦粉のグルテンを焼き上げたもので、グルテンとは 小麦粉に水を加えて練り上げてできる小麦たんぱく質です。

そのグルテンと強力小麦粉を生地に、ちくわのようにアルミ棒に巻き付けてじっくりと直火できつね色に焼き上げると、香ばしくパリッとふっくらした「くるま麩」になります。丸く筒状の麩を横から見ると、車輪のように見えるので「くるま麩」と呼ばれます。

沖縄宝島「沖縄のくるま麩」は国産小麦を原料にしています。
輸入小麦は焼き上げると“ふっくらとしてボリューム”がありますが、国産小麦の場合は“もっちりとして滑らかな食感”を味わえます。

質の良い国産原料を使う安心感は、食べ物にとって大切なこと。
国産を選ぶことで日本の生産者と農業を守り、輸入農産物で心配される残留農薬などから私たちの健康を守ることになります。

熟練の職人が手間暇かける「沖縄くるま麩」



この沖縄くるま麩の製造メーカーさんは沖縄県南部(南風原町)の㈲かりゆし製麩(1999年創業)。
代表の仲井間憲雄氏は実父である先代が創業した老舗の「沖縄製麩」にて修業し、くるま麩づくりの技を習得しました。

沖縄宝島「沖縄くるま麩」は、熟練の職人が、原料の生地(グルテン+強力粉)を
その日の気温や湿度に合わせて水分量や練り具合を調整し、
生地をアルミ棒に巻き付け、直接火にあてて焼き上げる「直火焼き製法」です。
一本ずつ直火でじっくりと焼き上げてあの「香ばしくてパリッとした」くるま麩に仕上げます。
最後にそのくるま麩を、少し蒸らし柔らかくし熱した鉄板で圧縮してゆきます。

圧縮タイプにすることで、食感も滑らかになり調理しやすくなりました。
また輸送中の割れや砕けが少なく、保管場所に困らないコンパクトな商品です。

この沖縄くるま麩の製造メーカーさんは沖縄県南部(南風原町)の㈲かりゆし製麩(1999年創業)。
代表の仲井間憲雄氏は実父である先代が創業した老舗の「沖縄製麩」にて修業し、くるま麩づくりの技を習得しました。

沖縄宝島「沖縄くるま麩」は、熟練の職人が、原料の生地(グルテン+強力粉)をその日の気温や湿度に合わせて水分量や練り具合を調整し、生地をアルミ棒に巻き付け、直接火にあてて焼き上げる「直火焼き製法」です。

一本ずつ直火でじっくりと焼き上げてあの「香ばしくてパリッとした」くるま麩に仕上げます。
最後にそのくるま麩を、少し蒸らし柔らかくし熱した鉄板で圧縮してゆきます。

圧縮タイプにすることで、食感も滑らかになり調理しやすくなりました。
また輸送中の割れや砕けが少なく、保管場所に困らないコンパクトな商品です。

国産小麦のくるま麩で「麩チャンプルー」はいかが?

沖縄の人は、いろいろな食材を油で炒めて食べるのが好きなようで、 
豆腐を入れて野菜や豚肉などと炒める料理「チャンプルー」が人気です。 

特に豆腐を多めに野菜と炒める豆腐チャンプルー、ゴーヤー(にがうり)が主役のゴーヤーチャンプルー。
そして、お麩を卵に浸して野菜などと炒める麩チャンプルーは、沖縄の庶民料理の定番です。 

沖縄の人は、いろいろな食材を油で炒めて食べるのが好きなようで、 豆腐を入れて野菜や豚肉などと炒める料理「チャンプルー」が人気です。 
特に豆腐を多めに野菜と炒める豆腐チャンプルー、ゴーヤー(にがうり)が主役のゴーヤーチャンプルー。
そして、お麩を卵に浸して野菜などと炒める麩チャンプルーは、沖縄の庶民料理の定番です。 

 

■麩チャンプルー

【材料】(2人分)
・圧縮くるま麩
・にら 1/3把
・豚肉 150g
・卵 2個
・油 適量
☆しょうゆ 小さじ1
☆酒 小さじ1

【作り方】
①圧縮くるま麩は水で戻し、1cm幅の食べやすい大きさに切り、水気をしっかりしぼり溶き卵にからめる。
②人参は短冊に切り、サッと茹でておく。にら、豚肉は5cm程度に切る。
③フライパンに油を入れ熱し、①を軽く炒め別皿にとる。
④豚肉、人参を炒め、③とニラを加えて炒め☆を回しかける。


また、チャンプルー以外にもおでんの具やみそ汁、
ラーメンの具などにも相性ピッタリです。
いろんな料理に使え、バリエーションも豊富ですので、
ぜひ沖縄宝島の「くるま麩」をお試しください。


また、チャンプルー以外にもおでんの具やみそ汁、
ラーメンの具などにも相性ピッタリです。
いろんな料理に使え、バリエーションも豊富ですので、
ぜひ沖縄宝島の「くるま麩」をお試しください。

コラム「異常気象と食料自給率」

沖縄県民が麩をチャンプルーでいただく歴史は意外にも浅く、先の大戦後(1945年以降)の食糧難の時に、アメリカ軍からの小麦粉が県民に配給されました。
沖縄そばやサーターアンダギーなどと共に“くるま 麩”も庶民の暮らしの中に定着してゆきました。
甘藷(芋)さえも手に 入らない時に、小麦の良質な植物性たんぱく質は貴重な栄養源だったと言えます。

日本で使う小麦粉の86%は外国産。国産はわずか14%です(2017年)。

沖縄宝島が国産小麦粉を使う理由は、大きくは二つあります。 

一、国内の食料自給率を少しでも向上させたい。 

二、国産のほうが食の安全安心を確認しやすい。 

近年の異常気象は、豪雨や干ばつによる自然災害で農産物被害が大きく、 世界的には、バッタの異常繁殖による作物の食害などの危機的状況に あります。
私たちは、自前で農産物を確保することが求められていますが、残念ながら今日の日本は、輸入農産物に頼りすぎて、食料自給率が38%と先進国の中では最下位の水準です。 

また、輸入農産物の食品安全性については、ポストハーベスト農薬と残留農薬、遺伝子組み換えとゲノム編集の最新技術などが「どの農産物にどのように使われているか」が解りづらく、食品の安全・安心に対しての取り組みは不十分だと考えています。 

安全安心の国産小麦を使うと、輸入小麦に比べると価格は少し高くなりますが、私たちの健康を守る安全・安心のコストだとしたら、決して高くはないと思います。 

国産小麦粉で作った沖縄くるま麩 2枚入り

国産小麦粉で作った沖縄くるま麩
2枚入り

価格:378円(税込・送料別)
内容量:2枚
原材料:小麦タンパク、小麦粉、膨張剤
賞味期間:製造から365日
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温にて保存。

1個 378円(税込・送料別)

  • 商品概要
  • アレルギー
JANコード 4582112266070
原材料 小麦タンパク、小麦粉、膨張剤
内容量 2枚
賞味期間 製造から365日
保存方法 直射日光、高温多湿を避け、常温にて保存
本製品には枠内を塗りつぶしたアレルギー物質が含まれています。
小麦 大豆
鶏肉 豚肉 ゼラチン