ラフテーとは沖縄県の郷土料理の1つで、
皮付の三枚肉またはヒサガー(皮付のもも肉)を泡盛や醬油で甘辛く味付けした料理。
いわゆる豚肉の角煮のことです。

琉球王朝時代、宮廷料理として、
また戦前までは男性の社交場でもあった辻遊廓では華やかな宴席料理として食されていた料理でしたが、
今では沖縄で最も日常的に消費されるようになりました。


ラフテーが家で手軽に楽しめる!

自分で作ると手間がかかるラフテーが温めるだけで手軽にお家で楽しめます!じっくりと熟成させた泡盛を使って煮込んだ豚肉は、口の中でとろけるくらいです。

《フライバンで温める場合》
蓋を開け、中身を取り出しフライパンで温める。目安は中火で1分。


《お湯で温める場合》
蓋を開けずに沸騰したお湯に入れて10分程度温める。


《電子レンジの場合》
耐熱容器等に移し、ラップをかけて温める。目安は500Wで2分。

5年熟成泡盛を贅沢に使用!

残波の古酒蔵で、5年間長期熟成させた泡盛「残波プレミアム5年古酒」を使用しています。5年間じっくりと熟成させた泡盛で、角煮に深い味わいと芳醇な香りを与えてくれます。

5年熟成泡盛を贅沢に使用!

残波の古酒蔵で、5年間長期熟成させた泡盛「残波プレミアム5年古酒」を使用しています。5年間じっくりと熟成させた泡盛で、角煮に深い味わいと芳醇な香りを与えてくれます。



お酒のつまみとして

濃厚なラフテーはお酒のつまみにおすすめです。
そのまま召し上がってもいいですが、焼き色をつけて香ばしい風味を味わって頂いたり、葉物野菜と一緒に温めたりアレンジしてお召し上り頂くのもおすすめです。

ラフテー丼

お酒のつまみはご飯との相性も抜群!
千切りキャベツやうずらの卵などお好みの具と合わせて、どんぶりに盛り付ければラフテー丼としてもお楽しみいただけます。

ラフテー丼

お酒のつまみはご飯との相性も抜群!
千切りキャベツやうずらの卵などお好みの具と合わせて、どんぶりに盛り付ければラフテー丼としてもお楽しみいただけます。



島つまみ ラフテー

価格:486円(税込・送料別)
内容量:120g
原材料:豚バラ肉、しょうゆ、砂糖、でん粉、加工黒糖、泡盛、かつお風味エキス、かつお風味だし、おろし生姜、食塩、ポークエキス、酵母エキス、(原材料の一部に小麦、大豆を含む(沖縄県産))
賞味期間:製造から365日
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温にて保存。


  • 商品概要
  • アレルギー
  • 栄養成分
JANコード 4582112265592
原材料 豚バラ肉、しょうゆ、砂糖、でん粉、加工黒糖、泡盛、かつお風味エキス、かつお風味だし、おろし生姜、食塩、ポークエキス、酵母エキス、(原材料の一部に小麦、大豆を含む(沖縄県産))
内容量 120g
賞味期間 製造から365日
保存方法 直射日光、高温多湿を避け、常温にて保存
本製品には枠内を塗りつぶしたアレルギー物質が含まれています。
小麦 大豆
鶏肉 豚肉 ゼラチン
栄養成分(120g)あたり
エネルギー 342kcal
たんぱく質 13.0g
脂質 28.2g
炭水化物 9.0g
食塩相当量 2.2g